読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学院の印象にのこった学び


相手について覚えている情報を
伝えるとしあわせにできる(佐伯啓思


国によって挨拶や感謝
あやまる頻度や基準がある


1つの和歌を絵にしてみると
人により驚くほど多様(長谷川千尋


文化にふれればふれるほど
20年後の年収が上がる(池上惇)


みられればみられるほど
みられたものの寿命が伸びる


ある時代にナンセンスなことが
未来のスタンダードになったりする


円の価値は昭和初期と比べると
信じられないぐらい差がある


題名にある音が使われていたら
実行してもいいと思う人がいる


むりのないように恩返しするのが
楽しい人生を送る最良の手の1つ


いろんな人に会えば会うほど
自分がどういう人なのかわかる


回数を重ねる毎に直接会う方が
会議の最終決定率はあがる


情報技術は人と人との、今まで
気づかなかった絆をつくれる


人間の食物分配の特徴は
たのまれないあげたりすること


笑いにいろんな種類があることが
人間の社会性を発達させた


5歳以下のこどもは40~85%の
エネルギーを脳の成長に回す


人間の認知能力は26.2歳が最高
なので資格は若いうちにとるといい


人間の家族は生涯に渡ってつづく
そして複数の家族で共同体をつくる


奉仕と助け合いを
組み合わせられるのは人間だけ


共同の歌は満足を誘発しいかりを発散させ
信頼を共有させる(以上7つは山極総長)


閃こうとがんばることで次々に
ひらめかせるテーマを意識(糸井重里


人に喜んでもらうことについてこんなに
成長したといえるように(糸井重里


企業を続けるには3本以上の柱が必要


強みを掛け合わせながら
現状が好調なときに次の事業を育成


選ばれる発想とは…らしさ+強みや
こだわり(以上3つは児玉和社長)


めちゃめちゃすごい人の引用は
シェイクスピアが多い


文化・歴史要因は学習資源や
促進・制約要因になったりする


経験・知識・技能をお互い比較したり
使い合ったり(松本雄一)


行動あってこそ想いは実を結び
真理となる(エマーソン)


いつも信じられている人が
成果を生み出す(孫子


ファシリテーションで全員の
こだわりを1つずつは入れた案へ


知覚の拡大進化の可能性を
示すのが芸術家(吉田喜久子)


行動基準・判断基準は人それぞれ
(アカデミック雑談会、谷修造さん)


具体例やできごとで説明する
(講演会、「リーダーになる君へ」)